りんご7976を食べる時は皮ごと食べるのが最も良い!

カロリーも低く栄養価の高いりんごは、ダイエット中の方にとってとても重宝する果物の一つです。簡単に購入する事も出来て、毎日食べる事が出来るため健康や美容にこだわりのある方にも嬉しいですね。りんごの栄養で見落としがちなのは、皮です。食べる際に皮を切り落として食べる方も中にはいらっしゃいますが、実はこのりんごの皮に最も栄養が含まれているのです。皮の部分にはエピカテキンとプロシアニジンとアントシアニンと言う3つの種類のポリフェノールが含まれていて、更にペクチンと呼ばれる食物繊維も存在しています。まず3つの種類のポリフェノールは抗酸化作用や美白効果、高血圧の予防が出来ると言った効能があります。次にペクチンは、便通をよくする効果が期待出来ます。りんごを食べる際に皮を切り落として食べてしまうと、このような成分を摂取出来ないため大変もったいない事になってしまうのです。現在で回っているりんごにはほとんど残留農薬がないのですが、皮ごとりんごを食べる際にはしっかりと水で洗い落してから食べるようにしましょう。りんごには様々な食べ方があり、皮ごと焼いて食べると皮も柔らかくおいしく食べる事が出来ます。皮ごと食べるのが苦手な方は、このようにして工夫しながら食べるといいでしょう。

りんご7976を長期保存するときは冷蔵庫にしまいましょう

りんごは常温でも保存可能な果物ですが、1週間以上の長期保存をしたいときは冷蔵庫などで保存しましょう。保存する際には、水分が蒸発しないようにビニール袋などに入れて密閉することが大切です。りんごは他の食物に影響を与えるエチレンガスを出すため、袋には他の野菜を一緒に入れないよう注意します。生産者側が1ヶ月以上の長期保存する場合の条件は低温なだけではありません。低酸素かつ高二酸化炭素条件下に置いて、りんごの成長を止めることが大切です。