りんご7976を食べるなら加熱処理で栄養素アップ!

りんごを食べると風邪を引きにくくなると言いますが、りんごは美味しくて栄養もたっぷりの素晴らしい食べ物なんです。 りんごは老化の原因などにもなる、活性化酸素を抑制してくれることでもおなじみの「ポリフェノール」の他にも粘膜を保護してくれる「ペクチン」という栄養素を多分に含んでいます。風邪を引きそうな時などにりんごを食べると粘膜を保護し、疲労回復の効果もあります。 りんごを食べる際、加熱調理する事でなんとペクチンは9倍に増えることが分かっています。なんだか加熱すると反対に栄養素が減少しそうなイメージがあるので不思議ですが、風邪気味の時などには加熱したりんごを食べることで、回復を手助けしてくれるんです。 更にこの時皮ごと食べるのがおすすめです!りんごの皮には実の部分よりも多くポリフェノールが含まれているんです。加熱されることによって、体内に吸収されやすくなる効果も期待できます。 喉が痛い時などは擦り下ろしたりんごと、はちみつ、更に体を温めてくれる効果のある生姜を加えて電子レンジで加熱した「ホットアップルハニージンジャー」がおすすめです。粘膜保護しながら体もぽかぽか、はちみつは滋養強壮効果もあるので簡単でおいしく回復をサポートしてくれますよ。

アレンジ自在なのでお試しあれりんご7976を使ったおかず

りんごはそのまま食べておいしいし、ジュースやデザート、お菓子にしてもおいしいですよね。料理にも使われるけど、サラダに入れたり、すりおろして隠し味にしたりという使い方が一般的です。 でも、意外に豚肉との相性がよく、普通のおかず的に使っても美味しく食べられます。簡単な豚肉巻きは、りんごだけでもいいし、他の野菜やチーズなどと一緒でもいいので、豚肉で巻いて焼くだけです。塩こしょうだけでも美味しいですが、甘辛だれや酸味のあるソースなど、好みの味付けで変化をつけるとより美味しくいただけます。